ARTIST

旧里見小学校で観ることができるアーティスト

エルヴァ・ユンビ(中央アフリカ・カメルーン

アジアの精神である仏教と、アフリカで今でも重要視されている祖先崇拝の要素を対話させることにより、違いを受け入れる寛容さと友愛を称える作品。旧里見小に数日間滞在し、作品の設置を行いました。

森靖(日本)

現代に必要とされる自由とは何かを考えながら、伝統的な木彫技法を用いて制作された彫像。旧里見小学校に作られたスタジオで、作品制作を行っています。

豊福亮(日本)

市原の原風景である里山に、市原の工場夜景をモチーフとしたミュージアムを作り出す。

ソカリ・ドグラス・カンプ(ナイジェリア/イギリス)

鉄板を加工してベンチや木、植物をかたどり、人々の憩いの場となるような彫刻作品を制作する。旧里見小学校では、約2週間滞在し、作品を完成させました。

タイトルとURLをコピーしました